スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

Brand New Day 2016



「おっとー、起きてー、何かして遊ぼう!」と枕元からのモーニングコールで目覚めてみたら、そこはもう2016年、新たな年の始まりだった訳だ。いつもと変わらず一日が起動することにまずは感謝。それから家族で新年の挨拶をして、GeeBaaちゃんの待つ僕の実家へ。祖父が不在で、妹夫婦が仲良く食卓を囲む正月など、誰が想像できただろうか。こうして予想の範疇を超えて拡大展開していく日常に戸惑いと喜びを感じつつ、とにかくご先祖様と家族に「ありがとう」と言いたい。史苑も巴音もみんなに沢山あそんでもらって、本当に嬉しそうだった。史苑が賢明に構築したプラレールが、突如出現した巴音ゴジラによって破壊されるという一場面さえも微笑ましく、まさにゴジラのドカドカという足音とともに我が家のBrand New Dayが幕を開けたのだ。今年は可能な限りブログを更新したいと思うし、次なる小説のリハビリ期間って訳でもないんだけれど、日々少しずつでも記していけたら良いなと思っている。僕は書くことでしか前に進めない生き物なのだし、それが自分自身にとっても次なる展開への道標足り得たりもするので、言葉が存在する限りは続けて行きたい。昨年は「棺によせて」「Why are you here?」という2本の短編を当ブログにアップしたけれど、やはり紙ベースの書籍にしたい。やはり本は本でなくちゃ、という古めかしい考えが僕には未だにある。今年はそのあたりも再びチャレンジして何とかしたいな。ドン君やヒカル君と膝を突き合わせて遊びに没頭し、インプットとアウトプットを絶妙なバランス感覚で操作する息子たちの姿に学ぶことは多々ある。今後ともよろしくお願い致します。

20160101-2.jpg
僕にとって我が子であり、師匠でもある存在たち。

本日の一枚。TAN NHAN / YEM DAO XUONG PHO
TANNHAN-YEMDAOXUONGPHO.jpg

bunboniさんおっしゃるに「北部伝統の大衆歌劇チェオを、コンテンポラリー・ジャズの作法でブラッシュアップした作品」とのことだが、なるほど、これは実に実に面白い。昨年末にようやく購入することができて以来、リプレイが止まらない一枚を記念すべき2016年の幕開けの「一枚」に選んだ。鍵盤系楽器を主体に繊細かつ大胆に編み込まれたサウンドに瞠目しつつ、やはり主役であるタン・ニャンの伸びやかなメリスマに満ちたハイトーン・ヴォイスの魅力に耳を奪われる。いや、これは本当に素晴らしい作品だ。ヴェトナム音楽は「良いなぁ」と思いつつも、なかなかヘビロテ候補にはならなかったんだけれど、本作は抜群に良い。何度聴いても新鮮で驚きがあり、それでいてポップでさえある。これは『ドラゴンフライ』以上の傑作だと確信した。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/01/01 22:47
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。