スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

アニマル・コレクティブ in 神戸動物王国

20160305-2.jpg20160305-3.jpg20160305-4.jpg20160305-5.jpg

親戚のこどもたちと神戸動物王国へ行って来た。史苑も巴音もはじめて観る動物の数々に圧倒…されるどころか、大喜び。色んな動物たちにエサもあげて、とても刺激的な一日になった。親戚の子たちはいつも本当に面倒見が良くって大助かり。動物たちも偉いなぁ、と感心しきり。とにかく我が家の息子たちは最初から最後まで、めちゃくちゃ楽しんでいた。ここは年に何回かは訪れたい場所になったな。素晴らしい王国だ。ありがとう、アニマル・コレクティブ。

本日の一枚。Tantinho / TANTINHO CANTA PADEIRINHO DA MANGUEIRA
Tantinho2009.jpg

最近はこのタンチーニョによるオスヴァルド・ヴィタリーノ・ジ・オリヴェイラの曲集をよく聴いている。本作に収録されているアフロ・ルーツ色の濃いサンバは、カフェのBGMに成り下がった最近のブラジル音楽にはないビターな味わいに満ち満ちている。豊潤極まりない伴奏陣の豊かな演奏をバックに、深みと苦みのあるタンチーニョの歌声が美しい黄昏を誘い込む。ローカルミュージックとしてのサンバ本来の魅力が、全編に渡って染み渡り、聴き手の心をマンゲイラの丘へと連れて行ってくれる。僕はブラジル音楽をほんとんど聴いて来なかった(カフェのBGMにがっかりしたから)んだけど、本作には心から感動した。ペルーのクリオージャ音楽を聴いている時のような親しみを感じて、幸福な気持ちになる。こちらのライブ映像を、どうぞ。沁みるなぁ。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/03/05 10:09
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。