スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

新生活の第一歩



快晴の入園式。決して大きいとは言えないホールに大勢の人、人、人。暑さと時間の長さも相俟ってなかなかの消耗戦となったけれど、これがなかなかどうして面白かった。先日までお世話になっていた保育所のミキ先生の娘さんも年長組さんにいるので、早速ミキ先生とも再会できたし、2年間ずっとクラスメートだったクラちゃんとハルキくんも一緒の入園なので、史苑もそんなに緊張感はなかったようだ。式が終わって、そのまま説明会に雪崩れ込むんだけれど、進級組のこどもたちはそれぞれのクラスに分かれておやつタイム。そこで自由参加で入園児童たちもおやつタイムに参加できるとのこと。しかし初めての場所で親とも離れての参加になるので、やはり誰も参加者はなく…と、思っていたら、なんと史苑が「ぼく、おやつ食べたい」と言い出した。「それなら先生に言うておいで」と伝えると、自分から先生に意志を伝えて参加することになった。史苑に続こうとした子が何人かいたけれど、どうしても親と離れることができずに、残念ながら断念せざるを得ない状況だったんだけれど、そーっと部屋を覗き込むと史苑は普通にみんなと肩を並べて、おやつを頬張っていた。史苑も決して初めての場所が得意なタイプではないと思うのだけれど、食欲が緊張を圧倒したみたいだ(笑)。僕がミキ先生に「史苑、おやつ食べに行きましたわ」と言うと先生は「さすが史苑やなぁ」と吹き出していた。その後も暫く説明会が続き、ようやく前半戦を終えたところで史苑の様子を見に行くと、今度はすでに進級さんたちと一緒に運動場を駆け回っていた。僕の姿を見つけて駆け寄ってくると「おっとー、ぼくもスコップ使いたい」と言うので、またしても僕は「自分で先生に伝えてごらん」と背中を押すと、きちんと交渉の末にスコップを入手していた。そのスコップを手に掘削禁止エリアでの穴掘りを開始しようとしたところで、年配の先生に「そこはやめてー!」とストップがかけられ、そのとき先生が息子の名札を確認して「あなたが史苑くんかぁ、噂は聞いてるよ!」って、どんな噂やねん(笑)。とにかくその後も史苑は運動場をこれでもかと満喫していた。ちなみに巴音はあれだけ騒がしい中で堂々と寝息を立てていて、周囲のお母さんや保育士さんたちを驚かせていた。約3時間におよぶ入園式~説明会を終えた頃には、どこの親御さんも疲労でぐったり。しかしこどもたちは元気、元気。保育園を後にした僕たちは、クラちゃんハルキくんファミリーと近所のファミレスに行って楽しい昼食。参考になる話、共感できる話が満載で本当に「いい時間」を過ごさせてもらった。食事中に何やらリズムに乗っていた史苑の様子に気が付いたクラちゃんママが「頭の中で音楽が流れてるの?」と聞くと「うん」と史苑。「どんな音楽?」と再び質問を投げかけるクラちゃんママに対して史苑は「よさこい」と笑顔で返した。クラちゃんママは「しぶいな!」とズッコケていた。来週からしばらくは親子共々、一喜一憂あるやろうけど、何だかんだで楽しい新生活になるんじゃないかなとは思う。

20160402-2.jpg
運動場を見渡して雄叫びを上げる巴音くん(笑)。

20160402-3.jpg
みんなと別れた後、僕たち家族はあましんアルカイックホールに移動し、TAIKO-LAB主催の和太鼓音楽祭へ。いやぁぁ、これがもう最高に楽しかった。特に女子高生の凄まじい演舞。 女の子の腕から叩きだされているとはとても思えない力強い鼓動(リズム)、なんちゅう切れ味の鋭さ!あまりに気持ち良いグルーヴに、僕と史苑は踊りまくり。クライマックスでは史苑の興奮も最高潮に達し、抜群のエア太鼓を疲労していた。巴音くんもずっと真剣に見ていたな。こどもはグルーヴに正直だわ(笑)。反応がすべてを物語っている。そしてワークショップでは「ぼくも叩く!」と言って、念願の和太鼓デビュー。あまりに迫力のある音にちょっと圧倒されていたみたいだけど、ホールを出た後の感想は「迫力満点やったねー!」。気分を良くした史苑はロビーでもずっと、よさこいを踊っていた。最近はクラブや音楽フェスにはまったく行けていないけれど、こういう庶民的なイベントがとても楽しい。明日は「京都さくらよさこい」。入園記念2DAYズ。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/04/02 23:28
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。