スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

あえて抵抗しない!



新しい短編「挟み撃ち」を書き終えた。また自画自賛かよー!って突っ込まれそうだけど、これは面白い。自分の書いたものにクスクス笑いが洩れた。僕が小説を書き始めた20代はじめの頃って「文学賞とか出版社とかクソでしょ!」と青臭く息巻いていて「自分は好きなように書いて、好きなように活動するんだ!」とこれまた鼻息荒く啖呵を切って、実際に10年くらい好きなように書いて好きなように本を作って好きなように販売してきたけれど、いまとなってはそういうやり方の限界を知ったし、単に飽きた(書くことに飽きた訳じゃない)ってのもある。むしろいまは正攻法で文学賞を攻略することに興味がある(賞そのものに興味がある訳じゃない)。だから当然、書くモノにも制約が設けられる。各文学賞には枚数制限があるからね。今回の「挟み撃ち」に関しても、登場するクランケの数を増やせば150枚くらいの作品になりそうなんだけど、コバルトのリミットは30枚。だから28枚で完結させた。書き終えたものを読み直すと、文字通りの「挟み撃ち」になっていて笑えたって訳。書き終えるや否や新しいアイデアが降りてきて、早速の準備に取り掛かる。次のは隣人トラブル(10代後半に住んでいたアパートでの出来事をモチーフに)を描いた作品になりそう。つーか、いっちゃん最初に描こうと思った「寝癖」はまだ描き始めてもないわ(笑)。まぁ、おいおいに。そういや最近、実際に隣人トラブルがあったんだよな。階下の方から「こどもの足音がうるさいという苦情」で、こればっかりは本当に申し訳ないとしか言いようがない。一応は床一面に防音マットを敷いて、僕も妻も息子たちには随時、注意を促しているんだけど…。僕らの真上には、ちょうど史苑と同じ年の男の子が住んでいて、確かに足音とかドタドタ聞こえてくるんだけど、こどもはそんなもんだろうと思っていた。だけどそういう考えがマンションの縦軸すべてに通底する筈もなく、実際に史苑は「よさこい」を踊るので、それは迷惑をかけてしまったなぁ、と反省しきりだ。その一方でいまの息子たちの「すきなこと」を抑圧したくないという親心もあったりして、とても複雑な気分。とにかくいままで以上に息子たちにの行動には気をかけて、防音マット二重敷きにして対応してみるたものの…。おまけに輪をかけて史苑が「魔の二歳児」っぷりを発揮していて、なかなか言うことを聞いてくれない。昨日も僕は大激怒して史苑を廊下に放り出した(彼の命にかかわるようなことをしたので)んだけど、それでもなかなか自分の非を認めようとしない。とは言え、まだ二歳児だし、自分の非を認めさせるのは困難だとも思うしなぁ。結局、妻が帰ってくるまで史苑は廊下で悔し涙を流していた(僕は状況のわかる場所には居たよ)。子育てには単純な正解は存在しないし、こどもたちからは凄まじいエネルギーを貰える反面、こちらの精神力と体力も相当に消費する。そこが面白くもあるんだけれど。何事も両立は難しいよ…ってなことを考えていたら、たまたま映画監督の松江哲明さんと作家の樋口毅宏さんが画像のようなツイートをしておられた。樋口さんの最後のセンテンスは言い過ぎだとは思うけど、僕も自身の「あまちゃん」を自覚したところだったので、なんとも沁みた。たまの休日に遊んで、こどもたちから喜ばれる程度の父親なんて、本当に「あまちゃん」ですよ!

本日の一枚。Kendrick Lamar / untitled unmastered
untitled-unmastered.jpg

プリンスの訃報には本当に驚いた。未だに信じられない。彼特有の慈愛に満ちたSFショーなのではないかという疑念を払拭できずにいるというのが正直なところ。だから回顧的に彼の音源を聴きなおす気には到底なれなかった。プリンスについて振り返るのは、決していまではない。率直にそう感じたのだ。代わりにケンドリの新譜を棚から抜き出した。各方面で大絶賛された生真面目な傑作『To Pimp a Butterfly』セッション時の未発表音源集とのことだが、本作にはマジメすぎた『To Pimp a Butterfly』にはないルーズさがあって、僕みたいな人間にはむしろ「こっちの方が良いんじゃない?」って思ってしまう。いや、ケンドリのラップ自体は非の打ちどころがないくらいに完璧でマジメなんだけど、全体を覆うムードがユルイんだよな。そこが良い。だらだら流し聴きができるラップアルバムって実は稀有だと思ってる。そして重要なことに、本作にはプリンスの気配さえ確かに漂っているのだ。8曲30分の珠玉のブラック・ポップ・ミュージック。グラミー賞受賞時の圧巻のパフォーマンスを、どうぞ。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/04/23 23:05
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。