スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

豊中和太鼓まつり2016



昨日は久しぶりに服部緑地にでも行こうかーってことで、史苑のMY和太鼓を背負ってイゾアール号を駆る。そして緑地公園に到着するなり何処からともなく太鼓の音が…。史苑の「行ってみる!」という声をきっかけに音の鳴る方向へとペダルを回転させると、なんと豊中和太鼓まつりのリハーサル中だったのだ。全然知らなかったけど、この太鼓のツキを手放す訳にもいかないので、本番が始まるまで緑地公園を堪能することに。自宅では近隣トラブルもあって、音出しにはシビアにならざるを得ないんだけど、ここかなら思う存分に太鼓を叩かせてあげることができる。史苑も嬉しそうに叩いていた。すると史苑の叩く太鼓の音に引き寄せられるようにして沢山の人が集まってきた。見知らぬお姉さんにカメラを向けられて得意気に叩く史苑、そして同年代のこどもたちが「ぼくも叩きたい」と寄ってきた際には快く太鼓を貸してあげ、その間、自分はダンスを興じる史苑。とても微笑ましい光景と息子の成長を嬉しく思った。岸和田でだんじりに乗っているという少年に叩き方を教わって、即興でチャレンジする様も、我が子ながらなかなかのもんだったなぁ。荒井良二さんの大好きな絵本『ぼくとチマチマ』や沢田としきさん『アフリカの音』まんまの世界が目の前で繰り広げられていることに感動した。そして『豊中和太鼓まつり』はもちろん最高に楽しかった。八鼓さん、カッコ良かったなぁ。スタッフの方々の前でも太鼓を披露した史苑、お兄さんたちに「型がしっかりしているから将来が楽しみやね」という言葉に、お世辞としても喜びを抑えられない親子なのでありました(笑)。

20160529-2.jpg
人前で叩く喜びを知った史苑。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/05/30 09:36
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。